-曹源寺- 歴史

■1588年(天正16年)5月現在の和田倉門付近に開創され、1591年(天正19年)11月江戸城拡張により湯島天神下に移転、1657年(明暦3年)1月いわゆる「振袖火事」により大半が焼失し、現在地に移転して続いております。
現在の曹源寺

■ 1814年(文化11年)雨合羽商の喜八が葬られました。喜八は私財を投じて水はけ工事を行い、これに感動した河童が手伝ったと伝わり、その後河童を見かけれと良い事があるといううわさが広まり、「かっぱ寺」とも呼ばれています。
かっぱ寺



おしらせ


宗旨 曹洞宗(禅宗)
山号 巨嶽山
本山と開祖 永平寺(道元禅師)
総持寺(瑩山禅師)
ご本尊 釈迦牟尼佛
初代住職 用山元照大和尚
現住職 久我 修照大和尚