かっぱ大明神

かっぱ大明神

かっぱ大明神

文化十一年(一八十四年)
新堀川(現在の合羽橋道具街通り)の堀削工事に
私財を投じて尽力した合羽屋喜八が没し、
菩提寺である曹源寺に葬られました。
この辺の土地は低いうえ水捌けも悪かったため、
住民たちの難渋は見るに堪えなかったようです。

そこで喜八が工事をはじめたそうです。
その工事のおり、かつて喜八に命を助けられた
隅田川の河童が協力したといい、
この河童を見たものは不思議と商売が
繁昌したと伝えられています。
この河童大明神は、 商売繁昌・火水難除などに
霊験著しいといわれ、今も厚い信仰が寄せられています。

河童連邦共和国東京サミット開催

曹源寺において
河童連邦共和国東京サミット記念の
河童像奉納式典が行なわれました。

あいにくの雨の中でしたが、
全国の河童村の方々が
約五十人ほど集まりました。

午後からは錦糸町東部ホテルにて、
河童連邦共和国国民会議
河童サミットが開かれました。

ギャラリー

かっぱ大明神
かっぱ大明神
かっぱ大明神
かっぱ大明神
かっぱ大明神
かっぱ大明神
かっぱ大明神
かっぱ大明神
かっぱ大明神